【泣く】の夢占い結果

「泣く夢」の意味解説

泣く夢

泣く夢を見た場合は、あなたが精神的に追い込まれていてそれを夢の中で発散していることを表しています。また、泣くという行為は浄化を意味するので、悩み事や問題、ストレスから解放されることも表しています。

泣く夢 - 夢占い辞典
目次

号泣する夢

声を上げて号泣する夢は、あなたの感情やストレスが爆発寸前のところまで来ていることを表しています。現実では辛うじて抑えているものを夢の中で発散しているのです。
目覚めた後、号泣して晴れやかな気持ちになっていたらあなたを悩ませていた悩み事や問題から解放出来ることを暗示しており、運気が上がっていくことを表しています。目覚めが不快だったり、怒りの感情があった場合は、しばらくは抱えている問題に悩まされることを意味しているので運気は停滞するでしょう。また、目覚めた後泣き疲れていたら、友人との関係に亀裂が入る可能性が高いです。人間関係に悩みを持っていたり思い当たる節があるならば、早めに対処することをオススメします。

別れで泣く夢

別れなどの悲しい感情で泣いている場合は、夢の中の感情とは反対で、近い将来良い出来事があることを意味しています。運気の上昇を暗示しています。
自分が悲しくて泣いている場合は、現実でも不安や悩み事に対しての悲しみであることが多いのですが、誰かの死に対して泣いている場合、運気が上がることを暗示しています。夢占いにおいて死というのは、再生や誕生を表しているものなので良い意味合いを持っているのです。実際に夢に出てきた人との別れを意味しているのではないので安心してください。
その人との関係が良好になったり、絆が深まることを暗示しています。ですが、実際に出てきた相手に敵意を持っている場合や、その人との別れを不安に思っているときにも見る場合があります。
また、別れた相手が恋人だった場合、より深い仲になることを意味しています。恋人と別れた後に夢の中でももう一度恋人と別れる夢の場合は、新しい出会いが訪れることを暗示しています。
別れる相手が家族や友人だったときも同じ意味合いで、その人との絆が深まることを表しています。しかし、家族と一緒に泣いて別れていた場合には注意が必要です。病気や何らかの事情で実際に別れを暗示する可能性も少なからずあります。ごく稀に予知夢となる場合もありますので念の為に家族の健康には気を付けておきましょう。

感動して泣く夢

感動して泣くということは、あなたの考え方が新しくなることや問題や不安から解放されたり努力していたことが成功に繋がることを意味しています。感動の度合いが大きいほど、より大きな幸せに恵まれるでしょう。家族や友人が感動して泣いていた場合は、その人に大きな喜びが舞い込んでくることを表しています。
恋人や友人、家族などの知り合いの前で泣いている場合は、あなたがその人の前で強がっていることを表しています。それによって少し精神的な疲れが溜まっていることを意味しています。時には弱さを見せることで気持ちが楽になるのではないでしょうか。泣きたいのに泣けなかったり、泣くのを我慢している場合は、現実でも自分を押し殺して頑張っていたり、感情を抑えていることを表しています。かなりストレスが溜まっている状態と言えるので発散したりリラックス出来る時間を作りましょう。

泣きながら怒っていた場合、泣く行為と怒る行為は同じ意味合いを持っていますので、それだけ現実でストレスが溜まっていたり、感情を抑えていて発散していることを表しています。

また、目覚めても泣いていた場合は精神的な疲労が溜まっていて限界のところまで来ていることを表しています。無理をせず、悩み事や不安があれば誰かに話したり助けを求めることも大切です。

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on email

最近の検索 夢キーワード

キーワードを入力してください

人気検索 夢キーワード

Select your Language