【好きな人】の夢占い結果

「好きな人の夢」の意味解説

好きな人の夢

好きな人と話す夢はとても良い気持ちになります。夢で感じたうれしさのように運が良くなるという表れでもありますが、必ずしも良い意味ではありません。どちらかと言えばマイナスの意味合いが強いです。好きな人と話すということには、あなたの願望や不安が表れています。

好きな人と話したときに楽しかったか、あまり会話が弾まなかったかによっても解釈が変わってきます。楽しかった場合は、あなたがこうなって欲しいという願望を表していることが多いです。会話が弾まなかったり微妙な空気になっていたら、あなたの何かに対する不安や問題を解決したいという願望が表れています。また、好きな人と話しているときに注意された場合はあなたの欠点が好きな人に注意されるという形で反映されていることがあります。

好きな人と話すというと現実でも好きな人にもっと近づける、仲良くなれるのではないかと思うかもしれませんが、夢のイメージとは逆で、残念ながら恋に発展する可能性は低いです。あなたの好きな人に自分の気持ちをもっと伝えたいという感情が夢になっているのですが、実際相手の方には受け取ってもらえないことを意味しています。また、好きな人と話すことがリアルに感じられたら実際に恋人関係に発展することを予期している場合もあります。

【夢占い】好きな人の夢の本当の意味とは
目次

好きだった人の夢

好きだった人が夢に出てくる場合、どんな人が出てきたか、何をしたか、好きだった人がどんな表情をしていたかによって意味合いが変わってきます。

好きだった人が初恋の相手や幼馴染だった場合、その人と結婚して一緒に暮らしているようなシチュエーションだったら、異性との出会いがあるという暗示の夢となります。そして夢に出てきた相手とあなたが同じ年になっていたらさらにその意味合いは強くなります。近いうちに好みの異性や気の合う友人が出来るでしょう。しかし、相手が昔のままの年齢であなたも戻っていたら恋愛運の停滞を意味しています。

また、好きだった人と楽しく過ごしている夢なら今の恋愛面に不満があることを表しています。片思いの相手になかなか想いが届かなかったり、理想通りの恋愛が出来ていないということになります。結婚している人やすでに恋人がいる人を好きになっていたり、恋人の理想像が高い人によく見られます。あまり理想を追い求め過ぎてはいけませんという忠告でもあります。

好きだった人が笑顔で現れる夢だった場合は、恋愛面でのストレスが溜まっている状態です。恋人がいない人なら早く恋人が欲しいと焦っていたり、愛されたい、寂しさを埋めたいと思っているようです。付き合っている相手がいるなら、恋人に好かれたいあまりあなたは恋人の前で無理をしていることがあります。ありのままのあなたを見せられるようにしましょう。

また、好きだった人をまだ好きな気持ちでいる夢を見たら、今恋人がいる人ならその人にもっと愛されたいと願う気持ちが夢に出ているようです。自分が本当に愛されているのか、不安になっていたりしているときにもこのような夢を見ることが多いでしょう。知らず知らずのうちに昔の恋人と楽しく過ごしていた時期と今とを比べているようです。心配しなくても恋人はあなたを大切に思っていますので、少し冷静になり、恋人の立場になって考えてみましょう。
好きだった人からキスをされる夢を見た場合も恋愛面での疲れが溜まっていることを表しており、現実逃避をしていることをを意味しています。今と向き合うことで良い流れを生むでしょう。

好きだった相手に冷たくされる夢だった場合、付き合っている人や想いを寄せている異性に冷たくされないかを心配していることを表しています。実際に恋人との間にわだかまりが生まれてしまうことも意味しているでしょう。
また、好きだった人と喧嘩をする夢の場合は、過去の恋愛と決別していることを表しています。今付き合っている相手がいるなら良い関係を築いていけることでしょう。今恋人がいない人でももう過去の恋愛に未練が残っておらず、前向きな状態ですので運は開けてくるでしょう。

好きな人 冷たい夢

好きな人に冷たくされる夢を見た後は気持ちが落ち込んでしまうでしょう。この夢を見た場合は、夢のイメージとは逆で良い意味を持つものがあります。しかし、悪い意味を持つ場合もあります。

良い意味合いを持つ場合は、今好きな人がいたり、付き合っている相手がいたら、その相手との関係が上手くいくことを暗示しています。夢のイメージで嫌な気持ちになっているかと思いますが、夢と現実とは切り離して、積極的に行動すると良い方向に向かっていけます。

夢占いにおいて喧嘩をするというのは、あなたにストレスが溜まっておりそれを夢の中で発散させようとしているときに見るものです。ですが、好きな人と喧嘩をしていた場合は意味が違ってきます。あなたが好意を寄せている相手があなたを異性として見ていることの表れです。つまり、両想いになる可能性が高いのでこの夢を見たら積極的にアプローチをしてみると良い結果に繋がるでしょう。

また、好きな人に無視されたり冷たい態度を取られた場合の悪い意味になるのは、あなたが精神的に疲れを感じていて、感情が不安定になっていることを表しています。好きな人に嫌われたらどうしようという不安が夢になって表れているのです。この時期は何事もマイナスに考えてしまったり、消極的になっているのでふさぎ込んだり前に進めなかったりするのですが、勇気を出して積極的になることが今の状況を打開するカギとなります。実際に、好きな人に嫌われていたりすることも冷たくされることもないので心配は要りません。嫌われるのではないかという気持ちをいつまでも持ってしまうことが運の流れを悪くしてしまいかねないので、あまり深く考えないようにしてください。
好きな人に喧嘩とは違った怒られ方をされた場合は、好きな人にもっと自分を見てもらいたい、甘えたいという気持ちが強くなっているという意味があります。また、怒っていた相手があなたのことを想っていることを表しています。ですので、夢を見て落ち込んでも現実ではそれを引きづらずに過ごすようにしましょう。

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on email

最近の検索 夢キーワード

Select your Language
Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest

キーワードを入力してください

人気検索 夢キーワード